認知症対応型共同生活介護(グループホーム)    
 
   地域密着型サービス
・ トップページ(NEW)
 (陽だまり日記や最新の情報等)
・ グループホームって、なに?(NEW)
・グループホーム陽だまりの方針と利用条件や利用料等
・運営する法人
・陽だまり建物の間取りや場所
・ 陽だまり個人情報の取扱い
・自己評価・外部評価
 ・グループホーム以外の事業  ・皆さまからのお問合せ

当法人である「 特定非営利活動法人 陽だまり 」は、グループホーム事業の他に、次の事業を実施しています。


<託老所の事業>

グループホームの生活空間を利用して、介護保険は使わない託老所を運営しています。グループホームと併設なので受入れ人数は、宿泊できるお部屋が1部屋ありますので、お部屋が空室なら、1名がご利用可能です。また、事前に利用できるのかの相談が必要です。利ついては、全額利用者負担ですが、1ヶ月あたり、グループホームと同等の金額設定となっています。

サービス内容については、グループホームの利用者の方と一緒にその日の日課の、散歩に出たり、買い物に出たり、体操やおやつ作り等、出来ることをやっていただきながら過ごしていただくというものです。

利用料金
 宿泊利用開始から10日間は、1泊5,000円 ※食事代・入浴料含む

 宿泊11日以降は、1泊4,000円 ※食事代・入浴料含む

※ なお、以前は、日帰り利用も行っていましたが、平成28年4月より、介護保険制度を利用していただきながら通所利用していただけるよう、共用型の認知症ディ(通所介護サービス 陽だまり)を開所しておりますので、そちらのご利用を、ご検討ください。


<障害がある方の就労支援事業>

陽だまりでは、障害者支援事業所と連携して、障害がある方の就労を支援しています。
実施内容は、グループホームの職場を開放して、スタッフと共に利用者の方の話し相手や、日課の散歩・体操など、利用者の方の日常生活の支援のお手伝いや、清掃等をしていただくというものです。
この事業のきっかけは、平成16年10月より飛騨地域保健所が推薦された精神に障害をおもちの女性1名を、陽だまりが、精神障害者社会適応訓練事業を利用して就労支援してきたことに始まります。その後は、市内の障害者自立支援事業所と連携して、通算3名の女性の就労支援を実施してきました。現在は、障害者自立支援事業所と連携しながら、土日祝祭日以外の毎日、清掃作業に従事していただいています。


<グループホーム共用型の認知症ディ(通所介護)事業>


平成28年4月1日より、開設しています。
こちらを、ご参照ください。


<訪問介護事業>

長らく事業を休止しておりましたが、平成30年10月31日をもちまして、事業を廃止いたしました。